灯火


残る虫 ひとつ覚えの長恨歌

こがらしの宿る唇 古い歌

炉火恋し 昔の歌を聞く夜は

冬支度 そして窓辺に灯をともす



nokorumushi hitotsuoboeno tyougonnka
kogarashino yadorukuchibiru huruiuta
robikoishi mukashinoutawo kikuyoruha
huyujitaku soshitemadobeni hiwotomosu  


俳句風の歌 徘徊す・・・ 情理の狭間に軋むが如。

末成歳時記
MAIL